英語の学習

英文を読む力がおとろえている。当然だ。前回、高3生を担当したのは3年前だ。力がなくなっているはずだ。数学だって、数1の展開や因数分解をしばらくやっていないと勘はすぐになくなってしまう。それと同じだ。だから一所懸命に「英文への勘」を取り戻そうとしている。

行き帰りの電車の中でも英文を読むようにしている。家に帰って、ビールを飲みながらも問題に向かっている。寝る前にも英文を読んでいる。ネイティブのお兄ちゃんにも積極的に話しかけている。おもしろいもんで、どんどん読めるようになっていく実感がある。もちろん、語彙力の衰えはそう簡単には取り戻せない。辞書をひく回数も多い。でも、今は電子辞書という便利なものがあるので苦にならない。発音までしてくれる。

そんな中で、思うことがふたつある。ひとつは、学習って、やっぱりやればやるだけ身に付くということ。もうひとつは、基本的に身につけたことは、すぐに取り戻せるってこと。ただ、取り戻せるのは以前自分がいた場所(理解度)まで。それ以上の場所に進むにはまた違った努力が必要になる。

みんなは発展途上。とにかく行きつくところまで行って欲しい。と同時に、やっぱり時間をかけて勉強しないとダメだよ。