特待制度

高校野球連盟が、全国の高等学校に「野球特待」を実施しているかどうかの調査をしているようだ。日本学生野球憲章には、野球部の生徒に学費免除等の特典を与えてはいけない、とあるのだという。

でも、これってあまりに実態とかけ離れているんじゃないですか? 実際、スポーツ特待はどこの私立高校でも実施しているはずだし、野球だけをスポーツ特待からはずしている学校はないだろう。ハンカチ王子も楽天のマー君もきっと特待生だったはずだ。もちろん、学力優秀者への特待制度もどこの学校もおこなっている。当塾の近所の私立高校は、ある一定の成績以上の生徒はすべて授業料免除の特待生にして「進学クラス」を作り、実績作りに余念がない。大手の学習塾並みのこの手法を私は是とはしないが・・・

それにしても、卓球の愛ちゃんみたいにほとんどプロとして活動している高校生もいたし、サッカーや水泳などはプロ競技とアマ競技が渾然一体となっている。それが世の中の流れだ。もしも、野球特待がいけないのならば、その他の競技の特待や成績優秀者の特待も不可と言うことになるんじゃないか。

いくつかの学校がすでに「特待制度」をとっていたということで対外試合の禁止などの処置を受け入れはじめたが、正直に申告すれば、ほぼすべての私立学校がこうした処置を受けざるを得ないのだろう。

野球だけが理想論を振りかざし、実態とかけ離れたことをしてもしかたがないと思う。もっと本質的に「高校生と特待制度」について議論をし、共通認識をつくっていく努力をすべきではないか。