プラナリア

小5の授業から塾を手伝っていた娘と帰宅する。

「今週は何の実験をしたの?」
「プラナリアって知ってる?」
「原生動物で、生物の教科書なんかによく出てくるやつだろ」
「そう。そのプラナリアを、医療用のメスで傷つけたり、半分にしたり、三等分にしたりして再生させる実験をしたんだ」
「すぐには再生しないだろ」
「だから、今、私の部屋のシャーレの中で再生中だって」
「えっ、おまえの部屋にいるの?」
「そうだよ。見てみる?」

ということで、帰宅後、娘の部屋でプラナリアを観察する。

プラナリア

確かに、六つのシャーレに分けてプラナリアが存在していた。生命科学科の学生の卵は着実に一歩を歩み始めているようだウィンク