最近の教育関連のニュースからふたつほど

いつもの土曜日がスタート。地域の小学校は今日が運動会のようで、午前中の授業は欠席が多かった。先には進まずに復習を中心の内容に。午後は高3のセンター模試、中3,高3の授業と続いていく。中3の授業ではこれから受験までの流れを明確に意識することができるような日程表を配布する予定。

最近の教育関連のニュースからふたつほど。

小4以下も英語必修、文科省検討 指導法を研究 記事へのリンク→

昨年度から小学校5、6年生で英語教育が必修化された。それを小4以下にも広げるかどうかを文科省が検討に入ったとのことだ。英語教育をする前に国語教育に時間を割くべきだ、といった意見は今でも根強くあるようだ。でも、早い段階で英語にふれることは良いことに違いない。意識の高い家庭ではかなり早い時期から英語を学習させている。数年後のことなのだろうが、それならばインターネットを利用して海外のネイティブに授業をおこなってもらう、などという発想があっても良いのではないかな。

小中すべてを35人学級に 記事へのリンク→

35人学級は小一と小二で導入されている。地方自治体では小3での実現や学習内容が高度になる中1を優先するよう求める意見などに分かれている。文科省では2013年度から5年ほどをかけての実現を目指すようだ。財政難の中、教員を増やす必要がある政策なのでいろいろと問題もあるだろう。それでも、是非とも実現させて欲しいと思う。

さて、明日と明後日は久しぶりの休日。夏講習の後半か突っ走ってきたのでちょっと休憩させてもらいます。