ネットでの合否発表

昨晩は高校の時からの友達と新橋で呑みました。楽しい呑みでした。昔からの友達は本当に良いものです。

さて、最近は中学、高校、大学入試とネットで合否が発表されることが多くなっています。私も毎年のように塾生たちのそうした「運命の時」に立ち会うことが多くなっています。もちろん、自分のこどもたちの合否発表を確認したこともあります。

今朝、娘が受験していたとある公○員試験の発表がネットでありました。就活も合否の発表はネットなんですね。ネットの発表は、合格者の受験番号を列記するものと、受験番号を入力すると合否の画面に進むものがあります。今回は前者でした。

いずれにしても緊張するものです。

結果は・・・ 何とか合格していました。といっても、昨日、グループディスカッションや個人面接試験を受けてきたものと、もうひとつ別のものが残っています。こちらはネットでの確認と封書で合否が送られて来るとのこと。

ネットにしても、封書にしても、親はわが子の合否にはハラハラさせられるものです。でも、私は今年でそんなどきどきからはお別れですね。miyajuku塾生のお父さん、お母さん方は、これから何度かそんなドキドキハラハラを経験することになるんですね。

私は、あのenterキーを押すときの緊張感はもう良いです(^_^;)