Cloudシステム

メインで使っているMacのOSのバージョンをアップしたおかげでAdobeのソフトがみんな使えなくなってしまった。Adobeのソフトはとにかく高額(かるく20万円をこえる)なのでそう簡単に買うわけにはいかない。といっても、PhtoshopとillustratorのふたつはHomePageをつくるにもチラシをつくるにもどうしても必要だ。Adobeのソフトもちょうどバージョンアップの時期だったこともあり、どうしよう・・・とずっと悩んでいた。

ちょっと前にAdobeから Adobe Creative Cloud という新サービスが発表になりました。すごいサービスです。AdobeのアプリをCloudで自由に使えるようになっています。しかも月額5,000円(バージョンアップは初年度3,000円)という値段。アプリを使えるだけでなく、Cloudシステムを利用したサービスも充実しそうです。

みなさんも“Cloud”という言葉は聞かれたことがあるかと思います。これから十年間はCloudの時代というか、Cloudを利用したサービスがどんどん出てくることになります。今、わたしが利用しているCloudだけをあげても、i-cloud、EverNote、dropbox、などなどがあります。たとえばdropboxは、塾でつくった資料をdropboxフォルダーに投げ込んでおくだけで、電車の中でIpadを利用してその資料を見たり、家に帰ってから自宅のPCでその資料を見たり加工したりが可能です。そんなサービスが無料で利用できます。

ドロップボックス

miyajukuのホームページを急ピッチで作り直しています。WORDPRESSというオープンソースのツールを利用しています。ある意味ではこのWORDPRESSもcloudといえるでしょう。これからのこどもたちはネットをふつうに利用していくことになるはずです。その仕組みを知ることはとても重要です。学校の授業もそうしたものに対応したカリキュラムになっていく必要がありますね。

とりあえず作成途中ですが、miyajukuの新しいHomePageです。

https://miyajuku.com