iPadPro

iPadPro の12.9インチを1台買い増しました。これで12.9インチが2台になります。

この春に、iPad は、9.7インチの第5世代の新型が発売になっています。これは1台が37,800円という戦略的な価格で、今後、学校や学習塾などに大量に導入されるに違いありません。miyajukuでも、少しずつ、この9.7インチの ipad も増やしていこうと思っています。

今回、12.9インチの iPadPro を買い増したのは、映像授業を作るのに1台では間に合わなくなってきたからです。

何度か書いていますが、miyajukuでは、高校生の授業を中心に自前で映像授業を作っています。たとえば、高校生の授業は、下のようにmiyajukuのポータルサイトに生徒は入って、授業の前にその日の学習内容についてあらかじめ映像授業を見ておくことになっています。実際の授業は、その単元の確認テストからスタートします。

今、英語以外に数学Ⅲの授業や、古文、現代文の授業も作りはじめています。何人かで手分けして作っているので、どうしてももう1台が必要になったわけです。

授業は ExplainEverythig というアプリを利用しています。スキャナーで問題などを読み取り、それを GoogleDrive などのcloudに保存し、iPadPro の ExplainEverythig で読み取って、あとは、そこに書き込みをしながら説明をしていくと授業ができ上がります。ちょうど、黒板に向かって授業をしているのをそのまま録画するイメージですね。

iPadPro はそれなりの値段がしますが、これは、授業を作るだけでなく、生徒たちの映像授業の視聴や、プログラミングの授業にも利用できます。何よりも、iPadPro と Applepencil があるので、授業づくりができるともいえます。

こんなことが、簡単にできる時代になりました。すごいですね。