練ゼミnote[+10]

夏の講習がスタートしています。

一昨日も講習でのテキストの話をしましたが、中学生にはもう一冊、宿題用のテキストがあります。

練ゼミnote[+10]の英語と数学です。このテキストの最大の特長は、難易度が10段階で表示されているところです。

何度も言いますが、miyajukuの夏講習は先に進めていく講習です。復習については、昨日も書いたように「スーパー学習システムメビウス」で自作したテキストを使います。同時に、この練ゼミnote[+10]を利用して学習の定着のための演習をおこないます。

ただ、生徒ひとりひとりが定着度が違っています。各自に的確に課題を出すためにこのテキストが最適なのです。

指導方針は、

①難し過ぎる問題は後回しにする。
②易しい問題は自分の力で解決する。
③習えば解る問題は自分の力で解けるようになるまで何度も繰り返し練習する。

ということです。そのための10段階です。

miyajukuの学習は、当たり前ですが、こんかふうにきちんと計画立てられています。