学びエイド

今週末も、明日から火曜日まで、中3の授業を連続して入れています。入試直前の最後の4日間。ほぼ塾に缶詰にして仕上げをしていくつもりです。どこの塾よりもしっかりと面倒を見たい、というのがわたしの思いです。高3生もすでに入試が終了した生徒もいますが、まだまだ残っている生徒もいます。できる限り時間をつくってサポートをしていきます。

そんな中、新学期の体制づくりも進めています。11日、12日で高1と高2の生徒は「マーク模試」を実施します。その結果をもとに、3月には個別に面談をしていきます。今年度の総括と来年度に向けての学習の目標と具体的な手立てを話しあうための材料が、このマーク模試です。

と同時に、来春に向けて高校生の指導をさらに強化する方法を考えています。

そのひとつが ↓ です。

https://www.manabi-aid.jp/mm/login/miyazaki

すでに「宮崎教室」の専用ポータルができています。今日の午前中にお話をうかがって、その場で契約をし、午後には入り口ができたということです。早い(^o^) といっても、2年ほど前から注目していたものなので、簡単に導入を決めたわけではありません。

「学びエイド」がどんな教材・教具で、miyajukuの高校生にどのように使っていくかは、このあと少しずつ書いていくつもりです。現高2で、英語に行き詰まっているTや、数学をどう学習しようか悩んでいるFなど、ひとりひとりの学力をグンと伸ばすのに有効な使い勝手をしっかりと考えます。まずは、現高1と高2の3月の学年末試験対策に効果を発揮するはずです。

指導方法は毎年のように進化させていく、というのがmiyajukuの考えです。それも、来年度の生徒たちの顔をひとりひとり思い浮かべながら、ぴったりの指導法に改めていくのもうちの塾です。

身体がふたつ欲しいのと同時に、頭ももうひとつ欲しいこの頃です(^o^)