アレセイア湘南中学校

今日は「アレセイア湘南中学・高等学校」の「中学入試対象塾説明会」に足を運んできました。ここを訪問するのもしばらくぶりです。校長の山田先生は30年近く前から存じ上げているお顔で、とても優しい良い方です。この先生が校長先生ならまず生徒を送らせていただいても大丈夫だろう、と思っています。

さて、アレセイア湘南中学の基本情報です。

場所 茅ヶ崎市 JR辻堂駅からバスで8分。茅ヶ崎駅からだと10分。海の近く。

偏差値 男女とも38~40(首都圏模試による)

宗教 キリスト教(プロテスタント系)

学校の中には礼拝堂があり、毎朝、そこにての礼拝から1日の学校生活が始まります。中学部は学年2クラス。学年全体が六十数名というこぢんまりとした規模です。キリスト教主義に則った「喜びある人生」を約束するといった教育方針を掲げていて、実際に平和教育や宗教教育にも積極的です。いわゆる受験教育ではなく人間教育が柱にあるということでしょう。

何十年もこの学校を見てきていますが、先生方がいつもにこにこと子どもたちに接し、優しさにあふれているのをわたしは感じてきました。今日も授業見学もさせていただきましたが、どのクラスも良い雰囲気で授業が進んでいました。電子黒板とひとの1台のiPadを連携させた授業も実施されていました。

もうひとつ。英語教育に以前から力を入れてきているのも特長でしょう。語学研修、海外研修にも積極的に取り組み、ネイティブの先生たちもたくさんいらっしゃるようです。中学生の段階からオールイングリッシュの授業も取り入れ、使える英語を身につけさせる努力を学校全体で取り組んでいられるようです。

詳細は http://www.aletheia.ac.jp/jr/ をご覧になって下さい。

このレベルの私立中学に進学するメリットはなんだろうか、と考えると、とにかく「その学校の教育にほれられるかどうか」だと思います。まさしく偏差値だけ出ない学校選びになります。ですから、徹底的に学校を知ることが大事かと思います。

来春の受験は 2/1 2 4 の3回で、午前と午後の機会がありますが、基本的にどちらかだけしか受験できないスタイルです。1日と2日には「ポテンシャル入試」という機会があり、算数、国語の入試以外に10分程度の面接があります。そこで3分ほどの「自己アピール」をする機会があります。「どうしても○○をやるためにアレセイアで学びたい」などと自分の思いを伝えることで一般入試の得点に加算をしてくれるチャンスです。

今までサーフィンをやってこんな努力をし、こんな学びを得てきた、などという自己アピールができる、ということです。

ちなみに高等部はこのところ学力レベルを伸ばしていて、特進コースで基準が22/25以上、探求コースでも18/25となっています。中学からは高等部に進学はできますが、高校から入ってくる生徒たちと互角に学習していくためには3年間の学びが大事になってきます。

生徒が大好きな、優しい先生方がたくさんいる学校。わたしのアレセイア湘南中学への勝手なイメージです。